« 2009年6月 | トップページ

2009年7月

時ノ翼 |KOBUDO-古武道-

時ノ翼時ノ翼
KOBUDO-古武道-
コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日 2009-06-24




さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]FXCM

|

高嶋ちさ子 plays ジブリ |高嶋ちさ子

高嶋ちさ子 plays ジブリ高嶋ちさ子 plays ジブリ
高嶋ちさ子
コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日 2009-06-24



オリジナルに忠実な爽やかな作品 2009-06-29
2000年発売の「風のとおり道」に、
2. さんぽ
8. 崖の上のポニョ
13. いつも何度でも
を新録音で追加したアルバムです。スタジオ・ジブリや宮崎作品のアレンジ・アルバムはすでに数多く発表されていますが、単に流行に乗っただけとしか思えない二級品も少なくありません。しかし、この作品は、演奏する方によってこうも曲の深みが異なってくるのか、と感じさせる良作になっています。

基本的に楽器を変えるほかはオリジナルに忠実なアレンジです。奇をてらうばかりにもとのの世界観を壊すような、やり過ぎももなく、とても丁寧に編曲、演奏していると感じます。もちろん、原曲を尊重し過ぎると、単なるカバーになってしまうわけですが、適度なアレンジは、単調さを打ち消して、オリジナルをよく昇華していると思います。

聞き馴染んだスタンダードナンバーを取り上げつつ、サントラを何度も聞いているひとなら思わずニヤリとしてしまうような曲もあり、選曲も良好です。特に「耳をすませば」のメドレーは、本編ととも素敵な仕上がりだったのに、それほどの評価は受けていない野見祐二さんのサントラからのナンバー。また「魔女の宅急便」や「紅の豚」からの小品も、心を優しくしてくれる爽やかな曲です。

さらに詳しい情報はコチラ≫


|

ドヴォルザーク:交響曲第8番&第9番「新世界」

ドヴォルザーク:交響曲第8番&第9番「新世界」ドヴォルザーク:交響曲第8番&第9番「新世界」

ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日 2007-09-05



カラヤンとウィーン・フィルハーモニー 2008-11-29
ザビーネ・マイヤー事件でベルリン・フィルからの離反を強め、ウィーン・フィルと収録したこのドヴォルザークの交響曲2曲はとても濃厚な演奏だと思います。ただ、イヤホンでじっくり聞くと明らかに合成された演奏なのでガッカリです…同じく1984年の悲愴も少し不自然です。

さらに詳しい情報はコチラ≫


|

浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2008-09 |オムニバス(クラシック)

浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2008-09浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2008-09
オムニバス(クラシック)
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
発売日 2008-11-26



最高です! 2009-05-19
ロック好きなので、普段クラッシック音楽を聴く機会が少ないのですが、色々なクラッシック音楽が聴け、頭の中でスケーティングされている優雅な姿も浮かんで来て、とてもリラックス出来ると思います。
BGMにするには ぴったりの作品だと思います!

さらに詳しい情報はコチラ≫


|

ショパン:12の練習曲 作品10/作品25 |ポリーニ(マウリツィオ)

ショパン:12の練習曲 作品10/作品25ショパン:12の練習曲 作品10/作品25
ポリーニ(マウリツィオ)
ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日 2008-01-23



史上最高の名演盤 2009-06-18
1971年ころの録音か?吉田秀和先生曰く、「まずはアシュケナージと双璧」。ややウエットな音質、ショパンの音楽的詩情に敏感に反応した(それゆえ音楽的表情が変幻自在)、時として楽譜を無視した?演奏(有名な「木枯らし」冒頭を普通フォルテでは弾かない)、天馬天かけるような最初のハ長調に比べて妙に遠慮した?最後の(素晴らしい音楽)ハ短調の演奏を特徴とした1970年アシュケナージ盤にくらべて、ポリーニ盤は剛毅透明なタッチを駆使した完璧主義、冷酷な詩情と迫力に満ちた演奏。人類の至宝と言っても過言ではない。アシュケナージも大好き派の私としては両者を愛するが、一般的にはポリーニの衝撃的演奏に脱帽せざるをえないであろう。これを越える演奏はポリーニ自身も不可能ではないかと思う。以上です。

さらに詳しい情報はコチラ≫


|

3大テノール 世紀の競演 |ドミンゴ(プラシド),カレーラス(ホセ) パヴァロッティ(ルチアーノ)

3大テノール 世紀の競演3大テノール 世紀の競演
ドミンゴ(プラシド),カレーラス(ホセ) パヴァロッティ(ルチアーノ)
ポリドール
発売日 1994-09-21



ついに実現したローマの歌合戦 2009-02-12
1990年7月7日土曜日、ローマ、テルメ・ディ・カラカラにて録音。この三人、二人までは揃ったことがたびたびあったが、三人はここまでなかなか集まらなかった。この時はサッカー・ワールドカップの前夜祭にあたっていて、それがこの奇蹟の競演を産んだようだ。

この時の席は全部で6,000席用意されたがたった10分で完売。未だ『東側』が存在したこの時にもかかわらず、『東側』を含めた54カ国で放送され、8億人の人がこの競演を愉しんだと言われている。

演奏はお互いがお互いを尊敬し合うかのように進む。メータの指揮も冴えていて、最後へいけば行くほど熱を帯びる。特にフィナーレ・メドレーがスタートするバーンスタインの『ウェストサイド物語』の『マリア』から後は文句のつけようがない完成度だ。聴かねば話にならないアルバムでしょう。

さらに詳しい情報はコチラ≫


|

純~21歳の出会い~ヘイリー・ミーツ・ジャパニーズ・ソングス-デラックス・エディション(初回限定盤) |ヘイリー

純~21歳の出会い~ヘイリー・ミーツ・ジャパニーズ・ソングス-デラックス・エディション(初回限定盤)純~21歳の出会い~ヘイリー・ミーツ・ジャパニーズ・ソングス-デラックス・エディション(初回限定盤)
ヘイリー
UNIVERSAL CLASSICS(P)(M)
発売日 2008-06-04



聴く者の心を洗い流し、癒してくれる、何という汚れのない天使の歌声であることか 2009-04-14
私は、過日放送されたNHK「歌謡コンサート」で、初めてヘイリーの存在を知ったのだが、そこで「花」を歌っていた彼女の美声にすっかり魅せられてしまい、早速、アマゾンで検索して、このアルバムを買ったのである。 

先ほど、このアルバムの全12曲を聴き終えたのだが、ヘイリーの魅力は、その声に尽きると思う。彼女の声は、温かく、穏やかで、シルクのように透き通った美声であり、そんな高音が、余裕を持って、実に気持ち良く伸びてくれるのだ。彼女の声に身を委ねていると、世俗に汚れた自分の心が洗い流され、心が癒されるような気持にさせられる。 

同じ高音でも、一昔前、小室哲哉が重用していたような、キンキンとした線の細い声を、余裕なく、目一杯張り上げて歌う歌手の声だと、聴いている方まで息苦しくなってきてしまうのだが、ヘイリーの歌声は、どこまでも温かく、穏やかで、優しく、まさに、汚れのない、癒しの天使の歌声だ。彼女の声は、女性の持つ最も美しい声の典型といっても過言ではないと思う。

と、ここまで絶賛したうえで、一つだけ苦言を呈したい。このアルバムは、「日本の歌の美しさを知ったヘイリーが、日本のポップスに大変興味を持つようになり」、「全てが日本のためにレコーディングされた」ものとされている。そうであるならば、日本の歌全10曲のうち、日本語ヴァージョンの「白い色は恋人の色」以外を、ほとんど英語で通しているというのは、一体、どういうことなのだろうか?確かに、英語の歌詞も、メロディーに自然に乗っていることは認めるが、こうしたコンセプトのアルバムなら、全曲とまではいわないが、当然、日本語で歌うことを考えるべきだろう。これでは、折角のアルバムが、日本語を勉強する時間もその気もない彼女が、日本公演に合わせて、日本でのアルバムの売り上げを伸ばすために、安易な「やっつけ仕事」で作ったと揶揄されかねないのではないだろうか。 


さらに詳しい情報はコチラ≫


|

アヴェ・マリア〜聖なる調べ |オムニバス(クラシック)

アヴェ・マリア〜聖なる調べアヴェ・マリア〜聖なる調べ
オムニバス(クラシック)
ワーナーミュージック・ジャパン
発売日 2000-06-21



聖なる歌声に、こころ安まるひととき 2008-10-18
 【エラート】【テルデック】【フィンランディア】の三つのレーベルからチョイスして並べたオムニバス曲集。短い曲は1分半、長くても7分ほどの声楽曲・合唱曲が全部で16曲、収められています。

 聴き終えてまず思ったのは、これらの曲と演奏をピックアップし、編集した人のセンスのよさ。フィンランディア・レコードから、透明感のあるボヘミア古謡やフィンランドの讃美歌を持ってきたり、エドワード・ヒギンボトム指揮オックスフォード・ニューカレッジ聖歌隊の静謐感あふれる演奏を三つ選ぶあたり、実に見事な選曲であるなあと。日本独自の編集だと思いますが、このオムニバス曲集を編集した方に敬礼、感謝したくなった次第です。

 合唱では、個人的に上述したヒギンボトム指揮の演奏が気に入りました。聴く前は、「だれ、ヒギンボトムって? 面白い名前だ」なんて失礼なことを思ったりしていたのにね。一旦聴いてみれば、くるりと印象が変わってしまったのであります(笑)

 あと、ソプラノ歌手のバーバラ・ボニーを初めて聴いたのですが、好みの声であるなあと。贔屓のルチア・ポップみたいにチャーミングで、可憐な歌声に一目惚れしてしまった。彼女の声にめぐり逢わせてくれたことにも、感謝!

 静けさと透明感、安らぎをテーマに編集された小品集のCDでは、ピアノ・バージョンなんだけれど、『Pianissimo(ピアニシモ)』も素敵ですよ。田部京子のピアノの音、静けさをたたえた調べが、とてもいいのです。

さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]楽天

|

ミッフィー 0歳のクラシック 0歳から聞かせたい。おはようとおやすみの美しい音楽 全40曲。

ミッフィー 0歳のクラシック 0歳から聞かせたい。おはようとおやすみの美しい音楽 全40曲。ミッフィー 0歳のクラシック 0歳から聞かせたい。おはようとおやすみの美しい音楽 全40曲。

キングレコード
発売日 2005-03-02



ミッフィー0歳のクラッシク 2006-02-06
赤ちゃんにクラシックを聞かせると良いと聞きましたがクラッシクといってもたくさんあるので生まれたばかりの赤ちゃんがいる私には時間もなく外出もできずそんなときこのCDを薦められ購入しました。おはようとおやすみにわかれているので朝と夜とにわけきくことができ、また聞きやすく飽きずにいられます。CDが止まるとさびしいくらい穏やかな気持ちで聞くことができますのできっと赤ちゃんにもよいのではないでしょうか。

さらに詳しい情報はコチラ≫


|

ベスト・ピアノ100 |オムニバス(クラシック)

ベスト・ピアノ100ベスト・ピアノ100
オムニバス(クラシック)
EMIミュージック・ジャパン
発売日 2005-06-15



ベスト版としておすすめ 2008-03-13
価格は同じクラシック系では3000円と平凡だが、6枚組は想像していたよりもボリュームが多い。

クラシックにこだわりのある人はこの選曲は許せないかもしれないが、それ以外の人なら楽しむことができるだろう。

6枚のCDはそれぞれ異なるコンセプトで選曲されているので自分が好きな曲調を選んで楽しむことができる。

さまざまな音楽家や楽団の曲が収録されているので、自分に合うものを探しているときには便利な1枚。

このCDで幅広くクラシック音楽を聴いてみて、もし気に入った作曲家がいれば次はその作曲家の音楽を買って深く掘り下げてみるというのも良い。

クラシック音楽に興味を持っているが、何から聴いたらいいか分からないという方にもおすすめする。

自分のお気に入りの1曲を探すことができれば、生涯の友として長くつき合うことができるので幅広く聴くのは悪くないと思う。















さらに詳しい情報はコチラ≫


|

« 2009年6月 | トップページ