« アヴェ・マリア〜聖なる調べ |オムニバス(クラシック) | トップページ | 3大テノール 世紀の競演 |ドミンゴ(プラシド),カレーラス(ホセ) パヴァロッティ(ルチアーノ) »

純~21歳の出会い~ヘイリー・ミーツ・ジャパニーズ・ソングス-デラックス・エディション(初回限定盤) |ヘイリー

純~21歳の出会い~ヘイリー・ミーツ・ジャパニーズ・ソングス-デラックス・エディション(初回限定盤)純~21歳の出会い~ヘイリー・ミーツ・ジャパニーズ・ソングス-デラックス・エディション(初回限定盤)
ヘイリー
UNIVERSAL CLASSICS(P)(M)
発売日 2008-06-04



聴く者の心を洗い流し、癒してくれる、何という汚れのない天使の歌声であることか 2009-04-14
私は、過日放送されたNHK「歌謡コンサート」で、初めてヘイリーの存在を知ったのだが、そこで「花」を歌っていた彼女の美声にすっかり魅せられてしまい、早速、アマゾンで検索して、このアルバムを買ったのである。 

先ほど、このアルバムの全12曲を聴き終えたのだが、ヘイリーの魅力は、その声に尽きると思う。彼女の声は、温かく、穏やかで、シルクのように透き通った美声であり、そんな高音が、余裕を持って、実に気持ち良く伸びてくれるのだ。彼女の声に身を委ねていると、世俗に汚れた自分の心が洗い流され、心が癒されるような気持にさせられる。 

同じ高音でも、一昔前、小室哲哉が重用していたような、キンキンとした線の細い声を、余裕なく、目一杯張り上げて歌う歌手の声だと、聴いている方まで息苦しくなってきてしまうのだが、ヘイリーの歌声は、どこまでも温かく、穏やかで、優しく、まさに、汚れのない、癒しの天使の歌声だ。彼女の声は、女性の持つ最も美しい声の典型といっても過言ではないと思う。

と、ここまで絶賛したうえで、一つだけ苦言を呈したい。このアルバムは、「日本の歌の美しさを知ったヘイリーが、日本のポップスに大変興味を持つようになり」、「全てが日本のためにレコーディングされた」ものとされている。そうであるならば、日本の歌全10曲のうち、日本語ヴァージョンの「白い色は恋人の色」以外を、ほとんど英語で通しているというのは、一体、どういうことなのだろうか?確かに、英語の歌詞も、メロディーに自然に乗っていることは認めるが、こうしたコンセプトのアルバムなら、全曲とまではいわないが、当然、日本語で歌うことを考えるべきだろう。これでは、折角のアルバムが、日本語を勉強する時間もその気もない彼女が、日本公演に合わせて、日本でのアルバムの売り上げを伸ばすために、安易な「やっつけ仕事」で作ったと揶揄されかねないのではないだろうか。 


さらに詳しい情報はコチラ≫


|

« アヴェ・マリア〜聖なる調べ |オムニバス(クラシック) | トップページ | 3大テノール 世紀の競演 |ドミンゴ(プラシド),カレーラス(ホセ) パヴァロッティ(ルチアーノ) »