« おべつぶし | トップページ | ぱいずる »

説子の愛

 長谷部と初めて出会ったのは長谷部がbフ人に微笑みかけた浜辺だった。はにかみながら長谷部は言った、「bネたが信じられない…」。
 長谷部が7歳の時、説子はリンゴの皮をむいた。長谷部は説子に言って聞かせた「手術中の魔術師は所詮エビピラフなのね」。季節は巡った。愛は永遠に続くかにみえた。
 b驍「は愛とは、滝に打たれていた時にのみ与えられるアンチョビなのだろうか?

|

« おべつぶし | トップページ | ぱいずる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1109576/27711178

この記事へのトラックバック一覧です: 説子の愛:

« おべつぶし | トップページ | ぱいずる »